はんこ・ハンコに関するウンチクや豆知識を紹介「印鑑の雑学」
はんこ・ハンコに関するウンチクや豆知識を紹介「印鑑の雑学」


 銀行で預金を引き出すときや、宅急便での荷物の受け取り、仕事での決裁・承認など、生活の中で印鑑を使う機会はたくさんありますが、みなさんは印鑑についてどれだけ知っているでしょうか?意外と印鑑のことを知らない方も多いのではないでしょうか?
 実印、認印、銀行印など、いろいろな印鑑がありますが、当サイト「印鑑の雑学」では、知っていると得すること、知らないと損することなど、印鑑に関する豆知識をたくさん掲載しています。
 当サイトにより印鑑の知識を身に付けていただき、あなたの印鑑ライフを充実させてください!

 

認印の怖い話

実印・認印どちらで押印しようと、本人が押印したことが証明されれば、法律上の効力は同じとされる場合があります。認印といえども、印鑑の取り扱いには気を付けてください。

捨印の怖い話

署名者が捨印を押すことは、「無断で文章内容を変更しても良いですよ」と言って、白紙委任しているようなものです。安易に捨印を押すべきではありません。

副印の怖い話

通帳の表紙の裏に副印が載っているとしたら、とっても危険です。その通帳が盗難に遇い、副印を使って印鑑を偽造されてしまったら・・・。

封緘のウンチク

封筒の裏の封をしたところに、読めない漢字の印鑑が押してあるのを見たことがあると思います。あの印にはどんな意味があるかご存知でしょうか?

落款のウンチク

年賀状や書画、掛け軸などに、風流な味わいのある印があるのを見たことがあるかと思います。あれが落款印です。

花押のウンチク

花押(かおう)と言うと、押し花を想像するかもしれませんが、押し花ではありません。古文書で、自分の発給したものであることを証明するために書く記号のことを言います。